車買取店に対するアンケート用紙の注意点と修理歴の記入

車の買取手続きを行う時には、買取業者に対して車の情報を伝える事になります。その際店頭査定を受けるとしたら、アンケート用紙に対する記入が必要になるのです。その用紙に書かれた情報を元に、車の買取店は情報を把握するのですね。

アンケート用紙に対する嘘は見破られる

ところでアンケート用紙には、注意点が幾つかあります。その1つは修理歴の有無ですね。
修理歴があるかないかを選ぶという単純なアンケートの設問ですが、それには必ず正直に回答するべきです。なぜなら間違った情報を記入してしまうと、後が大変な事になってしまう可能性があるのです。
そもそも最近の車の買取業者は、スマートフォンなどを使って査定を行っている事も多いですね。実はあれを使うと、車の修理歴を見破ることができるです。スマートフォンを車の一部に当てるだけで、修理歴が発覚してしまいます。
ところで車の査定を受けている来店客が、アンケート用紙に嘘を書いてしまったとしましょう。実際には修理を行っているのに、「修理をした事はありません」などと記入してしまいますと、車の買取店に嘘を付いている事がバレてしまいます。前述のようにスマートフォンを使えば車の修理歴は簡単に発覚してしまうからです。

嘘を書いてしまうと買取額が下がりやすい

そして車買取店のスタッフとしても、やはり人間です。嘘を付いている来店客に対して、やはり査定金額を高くしたいと思わないでしょう。それでは車が高く売れなくなってしまいます。もちろん正直に記入している来店客の場合は、買取金額を頑張ってくれる可能性があります。
つまり車買取店に対する虚偽申告は、発覚してしまうのですね。ですのでアンケート用紙には、必ず正確なデータを書くようにするべきでしょう。